インプラント

インプラントは永久歯に続く第3の歯

チタン製の人工の歯を埋め込む治療

チタン製の人工の歯を埋め込む治療

インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにチタン製の人工の歯(インプラント)を埋め込んで、人工の歯冠を取り付ける治療です。顎の骨とインプラント(人工歯根)を結合させたあとに人工の歯を装着するので、自然歯と同じように物を噛むことができます。被せ物の色や形も歯科技術により、自分の歯と同じようにつくることが可能です。

アフターケアで長い期間使用できる

インプラントは、しっかりアフターケアすることにより、自分の歯に限りなく近い歯を長い期間使用できることから、乳歯、永久歯に続く“第3の歯”とも呼ばれています。現在の人工臓器の中では、最も完成度の高いものであるとされています。入れ歯やブリッジに抵抗のある方は、インプラントをおすすめいたします。

当院のインプラント治療について

グラフトレスインプラント治療

グラフトレスインプラント治療

グラフトレスによるインプラント治療とは、従来であれば骨量が不足しているために骨移植や骨造成が必要とされていた症例において、より短いインプラント(ショートインプラント)や角度をつけてのインプラント埋入(傾斜埋入)、All on 4(オールオンフォー)などによって通常のインプラント治療と同じように治療を進めていくことできる治療です。

骨移植・骨造成の場合は、口腔内外から骨を採取することや移植手術による身体的負担や経済的負担が伴います。また、移植後、約6ヶ月の治癒期間を待ってからインプラント手術が可能になるため、治療期間も長期となってしまいます。

わたしたちは、できるだけ安全に、そして確実に、可能な限り患者様の負担の少ないこのグラフトレス術式によるインプラント治療を提供しております。

プラップレスインプラント治療

プラップレスインプラント治療

無切開手術(フラップレス)術式によるインプラント治療とは、あらかじめCTによる精密検査やコンピューターシミュレーションによって適切なインプラント埋入ポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用ガイドを作製する方法です。 歯肉を切り、大きく剥離することなくインプラントを埋入することができるため、患者様にとってメリットの大きいインプラント治療法となっています。

ただし、無切開手術(フラップレス)によるインプラント治療は患者様の口腔内の状態や顎骨の質、量によって適用できないこともあり、症例によって切開手術(フラップ)や2回法によるインプラントのオペになることもあります。

総入れ歯に代わるインプラント治療

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯に変わる画期的なインプラント治療法です。歯をすべて失った患者様に対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。しかし、「総入れ歯」による生活には違和感のある方も多く、食事が不便だったり、外れたりする不安もあります。

All-on-4(オールインフォー)

取り外し式の「総入れ歯」に対して、固定式の「インプラント治療」は、総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかるあらゆる負担を軽減した治療法として開発されたのが「All-on-4(オールオンフォー)」です。
オールインフォーの手術の場合、提携クリニックの専門のドクターが手術を担当しますのでご安心ください。

コンピューターシミュレーションによる治療

コンピューターシミュレーションによる治療

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですが、インプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。インプラント手術において危険領域となる神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできないのです。

CTによる精密検査は、最終上部構造装着時のベストポジションの想定や不必要な骨移植・骨造成の回避、そして、フラップレス術式やイミディエイト術式が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画が立てられます。さらに、CTデータを元にしてコンピューター上でシミュレーションすることができるのも大きなメリットです。

安全・確実なインプラント治療のために

安全・確実なインプラント治療のために

インプラント治療をより安全・確実に行うために、上記のCT検査のデータを元にコンピューターにて3D治療シミュレーションを行います。

当院で使用しているシミュレーションシステム、「ノーベルクリニシャン」は、治療計画からインプラント埋入まで、正確にサポートできますので、低侵襲(傷口が小さい)外科手術が行えるメリットがあります。

このコンピューターシミュレーションは、頭の中で行っていたイメージトレーニングを、実際の患者様のCTデータから精密な口腔状態を3Dで作り出し、コンピューター上で事前に疑似手術(イメージトレーニング)を行うことができるという画期的なものです。お一人おひとりに理想的なインプラント治療を提供するために積極的に使用しております。

ご予約・ご相談はお気軽に

三笠歯科医院は京王線調布駅から徒歩3分です

pagetop