調布市の歯科。インプラント、入れ歯、ホワイトニング

三笠歯科医院

インターネットからのお問い合わせ
痛みの少ない治療,丁寧なカウンセリングと説明,最新の設備と清潔な医療器具
  • 診療メニュー

  • マイクロスコープによる顕微鏡歯科治療
  • 歯周病・虫歯・クリーニング・PMTC
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 入れ歯
  • インプラント

  • スタッフ紹介

  • 求人情報 調布駅徒歩3分のキレイな医院で活躍しませんか?






Q&A

他の内容にも気になることがありましたら、お問い合わせフォームや、お気軽に当院スタッフに声をかけてください

歯が少し黒いのですが虫歯ですか?

A

当クリニックでは、歯が白濁、茶色もしくは黒くなっている場合、どのような場合でも削って治す、という治療方針ではありません。虫歯にも進行度合いによって、今後しっかりブラッシングをしていけば虫歯が進行していくことを抑えたり、再石灰化といって、ごく初期の虫歯であれば、フッ素入りの歯磨剤を使用し続けることにより健康な状態に戻る現象が起こることがあります。
そういう場合は、定期検診時に進行していないか確認し、さらに経過観察もしくは進行してしまっていた場合は治療になる場合があります。
ですが、色がついているだけでなく、穴が開くほど虫歯が進行している場合は治療を行うことをお勧めします。

毎日歯磨きをしていても歯周病になるのですか?

A

「磨いている」と「磨けている」とでは大きく違い、磨いていても歯垢が残っていれば歯周病になります。
歯垢とは食べカスと細菌の塊で食事の後爪で歯を引っかくと取れてくるものです。この細菌が歯周病を引き起こしているのです。残ったままだと歯と歯ぐきのすきまに入り込み、悪い毒素を出して炎症を引き起こし、歯ぐきの中にある骨を溶かしていきます。何年もかけて放置しておくと、徐々に骨は溶かされ、歯ぐきが腫れてきて、歯が揺れ始めます。
しかし正しく治療を行えば歯周病の進行はある程度止められますので、お気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療の違いはなんですか?

A

日本の健康保険診療は国によって定められた材料や診療手順で診療を進めていかなければならないため様々な制約があり、最低限悪くならないようにすることを目的としています。
自由診療の場合、材料や診療手順などの制約がないため、当クリニックでは保険では使用しない寸法変化の非常に少ない高額な歯型を採る材料、石膏、セメント、ベテランの歯科技工士に作成依頼など、素材だけ良いのではなく、すべてにおいて最高の適合・調和を求めて自由診療を行っております。
そして海外では安全性や強度などの面から使用認可が下りて、日常的に使用されている材料や薬剤がありますが、 海外で認可が下りていても日本で認可が下りていないものは保険診療では使用できませんが、そのような材料の使用も可能です。
当クリニックでは治療前にお口の診査・診断を行い、治療計画等をご説明させていただいてから治療に入りますので、お気軽にご相談ください。