調布市の歯科。インプラント、入れ歯、ホワイトニング

三笠歯科医院

インターネットからのお問い合わせ
痛みの少ない治療,丁寧なカウンセリングと説明,最新の設備と清潔な医療器具
  • 診療メニュー

  • マイクロスコープによる顕微鏡歯科治療
  • 歯周病・虫歯・クリーニング・PMTC
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 入れ歯
  • インプラント

  • スタッフ紹介

  • 求人情報 調布駅徒歩3分のキレイな医院で活躍しませんか?






マイクロスコープによる顕微鏡歯科治療

マイクロスコープ OPMI pico歯科医療にマイクロスコープが導入され、診断と治療領域に革命的変化が訪れています。

当院では、マイクロスコープを併用して治療することにより、目に見えない部分にいたるまで繊細で正確な歯科治療をすることを基本理念としております。

マイクロスロープは眼科、心臓外科、脳外科などでも常識のように使われており、アメリカではすでに1998年に歯の根の治療の専門医は、マイクロスコープを使うことが義務づけられています。

また、当院では肉眼では決して見ることのできない世界を患者さんにも実際に液晶モニターで見ていただいて、その世界の入り口を体験していただけます。

マイクロスコープによる歯科治療のメリット

マイクロスコープを使った精密歯科治療をする場合、肉眼で見えない細かな部分まで治療を行いますので、様々なメリットがあります。


マイクロスコープによる歯科治療のメリット


1) 歯質の除去を最小限にとどめながら正確に処置できる
2) 治療成績が向上し、術後の感染や痛みなどのリスクを抑える
3) クラウンやブリッジなどをmm単位で調整しながら装着できる
4) 歯周ポケットの測定や歯石の発見など歯周病治療にも役立つ
5) 診療室の液晶モニターで患者さまがご自身の口腔内の様子を確認できる
6) 目に見えない虫歯を発見でき早期発見早期治療ができる
7) mm単位の正確な根管治療が可能になり予後の成績が非常に向上する

 

マイクロスコープでできる歯科治療

マイクロスコープは最大20倍以上まで拡大できる歯科用顕微鏡です

マイクロスコープは最大20倍以上まで拡大できる歯科用顕微鏡なので、肉眼でおこなう歯科治療よりもマイクロスコープを用いた顕微鏡治療の方が精度の高い治療が可能になります。従来の歯科治療は肉眼を使って治療するものなので、マイクロスコープの用途は非常に幅広いと言えるでしょう。

※マイクロスコープに有効な歯科治療
  • ・根管治療(歯の神経の治療)
  • ・補綴治療(被せ物の治療)
  • ・審美歯科
  • ・歯周病治療
  • ・歯周形成外科
  • ・インプラント治療
  • ・口腔外科
  • ・インプラント治療
  • ・歯を削る虫歯治療
 

根管治療

歯を残す上で非常に重要な “根管治療”
根管治療,マイクロスコープ

根管治療とは、歯の神経を取る「抜髄」や細菌感染した根っこの中をきれいにする治療のことを言います。

この治療は歯を残す上で非常に重要な治療なのですが、現在、保険で十分な根管治療を行っている歯科医院は日本に少ないと言っていいでしょう。そのため治療後に再発をおこすケースが多々あります。

これは日本の保険治療のガイドラインによって、できる治療が限られていることも要素として大きくあります。

次に、神経を取ったのに、もう痛くならない。あるいは、もう一生大丈夫だと思っている方がいらっしゃるとしたら、それは大きな誤解です。

神経を取った歯はさまざまな危険性が増し、歯の寿命を縮めることにつながっていきます。

食べ物や飲み物をとる入口である、お口の中は細菌でいっぱいです。だから歯垢がたまると口臭がするのです。
その細菌だらけの環境の中で、歯の根が細菌感染することはよく起こりうることなのです。

当院では、1本でも多く歯を残すため、このように感染してしまった根管を徹底的にキレイにし、再発しないよう、自費の根管治療を行っております。

 

自費診療での根管治療は、次のような方にお勧めです

  • ● 保険治療より質の高い治療を受けたい。
  • ● 他医院で抜歯の説明を受けたが、残す方法がないか探している。
  • ● 過去に治療を受けた歯が、繰り返し悪くなっている。
  • ● 治療のたびに痛い。
  • ● 治療後の痛み、腫れがなくならない。

 

自費の根管治療とは

当院の根管治療は研修・トレーニングを受けた歯科医師が担当し、十分な時間をかけて以下のような器具・機材を使用して治療を行います。

マイクロスコープの使用
自費の根管治療とは

マイクロスコープは肉眼では見えない、隠れた根管や、補綴物と歯肉の間の隙間などが確認でき、より精密で安全な治療を行うことが出来るようになります。

ラバーダムの装着

根管治療の際に歯に装着するゴムのことです。
ゴムを拡げて口を覆い隠し、治療する歯だけをゴムの外側に出して治療ができるため、治療中に根管内に細菌感染を防ぐことができます。

ステンレスファイル

針のような形をしていて、側面がヤスリ状になっています。
根管内部で掻きあげる事により、神経や汚染部の除去を行う治療器具です。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイルは高価な素材で作られていて、高い弾力性を持ち、非常にしなやかなので、弯曲した根管の治療にも対応することができます。

MTAセメント

保険の根管治療ではガッタパーチャというゴムのような素材で隙間を塞ぐのですが、歯根の構造は複雑なため根管内に隙間を残してしまうことがあります。このため再治療になってしまうことが多いのです。
それに対して、「MTAセメント」は根管内の隙間を塞ぐことができ、殺菌作用および強い接着性、歯の組織を再生させる効果があるため、治療後の経過が非常に良好になります。
ですから、このMTAセメントを使用する根管治療は、他では救えなかった歯も救えるようになるのです。

 

マイクロエンド

マイクロスコープを用いた精密根管治療(マイクロエンド)は、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認でき、より精密な歯の根の治療が行えます。

マイクロスコープでの術視野

マイクロスコープでの術視野

マイクロエンドでは、術者の経験と勘だけに頼るのでなく、このように術視野を拡大し治療を行えるので精度は格段に向上します。

 

マイクロエンドの費用

前歯 30,000円(税別)〜
小臼歯 60,000円(税別)〜
大臼歯 80,000円(税別)〜