調布市の歯科。インプラント、入れ歯、ホワイトニング

三笠歯科医院

インターネットからのお問い合わせ
痛みの少ない治療,丁寧なカウンセリングと説明,最新の設備と清潔な医療器具
  • 診療メニュー

  • マイクロスコープによる顕微鏡歯科治療
  • 歯周病・虫歯・クリーニング・PMTC
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 入れ歯
  • インプラント

  • スタッフ紹介

  • 求人情報 調布駅徒歩3分のキレイな医院で活躍しませんか?






インプラント

永久歯に続く“第3の歯”
インプラント

インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにチタン製の人工の歯(インプラント)を植え込んで、人工の歯冠を取り付ける治療です。

アゴの骨とインプラント(人工歯根)を結合させた後に人工の歯を装着するので、自然歯と同じように物を噛むことができます。また、被せ物の色や形も最新の歯科技術により、自分の歯と同じようにつくることが可能です。

さらに、インプラントはしっかりアフターケアすることにより、長い期間使用でき“自分の歯”に限りなく近い歯を手に入れることができることから、永久歯に続く“第3の歯”といわれています。

現在、実用に供されている人工臓器の中では、最も完成度の高いものであると言われています。

入れ歯やブリッジに抵抗のある方は、インプラントをお勧めいたします。



骨造成をしないグラフトレスコンセプトによるインプラント治療

グラフトレスインプラント治療

グラフトレスによるインプラント治療とは、従来であれば骨量が不足しているために骨移植や骨造成が必要とされていた症例において、より短いインプラント(ショートインプラント)や角度をつけてのインプラント埋入(傾斜埋入)、オールオンフォー(All on 4)などによって通常のインプラント治療と同じように治療を進めていくことが可能となります。

この方法は、患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法です。

ただし症例によっては、どうしても骨移植や骨造成が必要となる場合もありますが、骨移植・骨造成の場合は、口腔内外から骨を採取することや移植手術による身体的負担や経済的負担が伴います。

また、移植後、約6ヶ月の治癒期間を待ってからインプラント手術が可能になるため、治療期間も長期となってしまいます。

わたしたちは、できるだけ安全に、そして確実に、可能な限り患者さんの負担の少ないこのグラフトレス術式によるインプラント治療を提供しております。

グラフトレスによるインプラント治療はすべての患者さんに適用できるわけではありません。患者さんの口腔内の状態により骨移植や骨を作るってインプラント治療をする場合もあります。

 

切らない、メスを使わないフラップレスによるインプラント治療

プラップレスインプラント治療

無切開手術(フラップレス)術式によるインプラント治療とは、あらかじめCTによる精密検査やコンピュータシミュレーションによって最適なインプラント埋入ポジションを確定し、確実にそのポジションにインプラントを埋入するための手術用ガイドを作製する方法です。

歯肉を切り、大きく剥離することなくインプラントを埋入することができるため、患者さんにとってメリットの大きい最新のインプラント治療法となっています。

ただし、無切開手術(フラップレス)によるインプラント治療は患者さんの口腔内の状態や顎骨の質、量によって適用できないこともあり、症例によって切開手術(フラップ)や2回法によるインプラントのオペになることもあります。

プラップレスインプラント治療

従来のインプラント埋入手術のように歯肉を切らないため、出血や術後の腫れ、痛みなどを大幅に軽減することができ、縫合や抜糸という処置も必要ないため、手術時間や治療回数も短縮できます。

 

総入れ歯に代わる最新のインプラント治療 ALL-ON-4

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯に変わる画期的な
                             最新のインプラント治療法です。

歯をすべて失った患者さんに対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。 しかし、「総入れ歯」による生活には違和感を感じる方も多く、食事が不便だったり、外れたりする不安もあります。

オールインフォー(All on 4)

取り外し式の「総入れ歯」に対して固定式の「インプラント治療」は総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。

そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかるあらゆる負担を軽減した治療法として開発されたのが「All-on-4(オールオンフォー)」です。

当院ではALL-ON-4(オールオンフォー)の手術の場合、提携クリニックのオールオンフォー専門のドクターが手術を担当しますのでご安心ください。

 

コンピューターシミュレーションを用いたインプラント治療

コンピューターシミュレーションを用いたインプラント治療インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。

レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。

例えば、インプラント手術において危険領域となる神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできません。

CTによる精密検査の結果、最終上部構造装着時のベストポジションの想定や不必要な骨移植・骨造成の回避、そして、フラップレス術式やイミディエイト術式が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画がたてられます。

さらに、CTデータを元にしてコンピュータ上でシミュレーションすることができるのも大きな利点といえます。

 



 

安全・確実なインプラント治療のために

安全・確実ないんぷらんと治療

インプラント治療をより安全・確実に行うために、上記のCT検査のデータを基にコンピュータにて3D治療シミュレーションを行います。

三笠歯科医院で使用しているコンピュータシミュレーションシステムは、ノーベルクリニシャンシステムを起用しています。

ノーベルクリニシャンは、治療計画からインプラント埋入まで、正確にサポートできるシステムですので、低侵襲な外科手術が行えるメリットがあります。

以前テレビ局で放送されていたドラマの中に、天才心臓外科医が手術前にイメージトレーニングを行っている様子があったのを覚えている方もいらっしゃると思います。

このコンピュータシミュレーションは、頭の中で行っていたイメージトレーニングを、コンピュータ上で実際の患者様のCTデータから精密な口腔状態を3Dで作り出し、コンピュータ内で事前に疑似手術(イメージトレーニング)を行うことができるというものです。

お一人お一人に理想的なインプラント治療を提供するために、当院ではインプラント治療で積極的に使用しております。

このことからも私たちの安全性・正確性への「こだわり」がお分かりいただけると思います。

 

ケース症例

審美領域である前歯の審美インプラント治療

審美領域である前歯の審美インプラント治療の例

大きく笑うと見える臼歯部の審美インプラント治療

大きく笑うと見える臼歯部の審美インプラント治療の例